オゾンを訪ねて夢の旅 (1)プロローグ
これから「オゾンを訪ねて夢の旅」という物語を連載します。
読者が一緒に旅をするつもりで読んでいただけると嬉しいです。

私が最初にオゾンにかかわったのは20年程です、といってもオゾンはいつも身近にあって、いろいろな働きをしています。
ですから、正確には生まれてこの方、ずうっとオゾンに関わってきたわけで、ただ20年前まではそれに気が付かなかっただけです。

オゾンは地球では至る所にあって、いろいろな働きをしているにも関わらず、目に見えないので、その存在には気が付きません。
ですからその働きを知るには想像の世界、もっと言うと空想の世界、夢の世界に入りこむ必要があります。

一緒にその夢の世界に入って、旅をしてみませんか?

私はオゾンを追及するなかでで、地球がまぎれもなく一つの生命体であることを深く実感するに至ってきました。
そのことをこの夢の旅の話を通じて多くの人たちに伝えられれば嬉しいと思っております。

でも、どのような旅をするか、まだ明確なスケジュールを持っているわけではありません。

あなたが旅をする場合にも旅パックに応募して加わる、あるいは自分でスケジュールを明確に決めて、そのスケジュールに従って行動することが多いかも知れません。

一方、まず最初に一つの地方に旅をし、そこで新たな情報を得たりして、次に行く場所を目指し、このようにして興味にまかせて、いろいろな地方をへ巡り歩く、という旅の仕方もあります。今回の旅はそのようなものと思ってください。とにかく旅先案内人である私自身が何か明確なスケジュールをもっているわけではないのです。

途中であなたからの質問があれば歓迎です。その質問の答えを見つける場所として次の旅先を決めることもかんがえますので。

旅する可能な場所は時空を超えています。つまり地球や宇宙のどの場所でも、どの時期にでも行けます。過去にも未来にも行けます。しかもあなたの身体は銀河系宇宙に匹敵するほど大きくなれるし、素粒子が見えるほど小さくもなります。これは物理的には不可能としても何しろ夢の旅なので全く問題ないのです。
このことは良く心得ておいてください。

この旅の水先案内人は私ですが、ともに旅するのに私だけでは寂しいかもしれません。旅は道ずれとも言いますし、エコデザイン株式会社のホームページの「オゾンのススメ」に登場するキャラクターも呼んでみましょう。
   
   

d0026078_19053143.png
               僕はライオンのぞん太郎、8歳です。
d0026078_19061173.png
              あたしはえこみ、6歳、ぞん太郎はあたしの兄さん。

私「ぞん太郎君、エコミちゃん、今からオゾンを訪ねて夢の旅にでるよ。一緒に行ってみないかい?」
ぞん太郎「わー、僕も行くー」
エコミ「あたしもー」
私「じゃー、ついてきなさい。迷子にならないようにねー」





ところで、私自身オゾンについてまだ未知のことがたくさんあります。
そこで、時にはオゾンに関して、知識の深い次のお二人のキャラクターに登場してもらうことにします。
一人はカブト虫の突然変異でこの世に生を受けたカブ博士です。かぶ博士はオゾンをはじめとする自然界特に生命界とオゾンの関係などに詳しくて、ぞん太郎やエコミの先生格です。
もう一人は雷神の雷ゴロ―さん、オゾンの生成に関する原理的な知識や、オゾンを発生させる空中放電に関する知識否、技術を体得しています。(注:雷五郎さんの姿は俵屋宗達の雷神の絵から借用)

d0026078_18302764.png
              おっほン、吾輩がカブ博士じゃ、わしに何でも聞いてくれ! 地球上ならどこでも飛んでいくからな。
d0026078_20233886.png
わしは雷神の雷ゴロー(ライゴロー)でんね、呼べば雷電のスピードで駆け付けまっせ、ピカッゴロゴロー!と言うてな
(なぜか大阪弁)

カブ博士には特に地上に近い生命界のオゾンの解説を、雷ゴローさんには上空以上のオゾンの解説をしてもらうことにします。


さて最初に行く場所はどこにしましょうか? 最初は聞いて知っている場所の方が安心できると思います。
オゾン層についてなら、聞いたことがあるとおもぃます。

私「ぞん太郎君、初めにオゾン層に行くっていうのはどうだい?」
ぞん太郎「オゾン層の話はカブ博士に聞いてる。一度行ってみたいと思っていた。」
ではまずオゾン層に旅しようかな?

でもその辺は雷ゴローさんの詳しい領域です。
私「雷ゴローさん、オゾン層の案内をたのめないかしら?」
雷ゴロー「オゾン層やて? 何言うてんねん、オゾン層へ行くんなら、まずわしの家の雷雲に寄ってからやで! 雷雲に先に寄ってその中のオゾンのでき方をとっくり説明してやるけん。そんだらオゾン層に行ってその話もしっかり聞かせてやるけんね!」
私「わかりました。では雷雲からお願いします。」

という事で最初の旅先は雷五郎さんのお宅の雷雲という事になりました。 


注:「オゾンを訪ねて夢の旅」に使用される画像は特に記載のない限り、エコデザインのオリジナル画像もしくはWIKIPEDIAから借用したものとします。その他にインターネットから借用した画像は出典を明記するものといたします。




by masaaki.nagakura | 2018-09-20 13:04 | オゾンを訪ねて夢の旅
<< オゾンを訪ねて夢の旅(2)雷の... お話の3 野良犬のグレハム >>