火光天の歴史をたどる(3)火光天の歴史のまとめ
飯田神社に祭られている火光天の起源とまつわる歴史をたづねてきましたが、ここまでの話しをまとめてみます。

(1)火光天は仏教に取り入れられたインドの神々、十二天の内、より広くは火天と呼ばれる神と同一の神である。(秋葉山の十二天の中に火光天があることから推定)
(2)火天はインドではアグニと呼ばれる古代からの神である。
(3)古代インドのバラモン教においてはインドラ(雷神)、アグニ(火の神)、ヴァルナ(水の神)などの自然界の神(以下自然神)が強い信仰を集めていた。
(4)紀元後になり、ヒンドゥー教において、それぞれ宇宙の創造、維持、破壊を司るブラフマー、ビシュヌ、シヴァ等の神への信仰が強まると共に、アグニを含む自然神への信仰は弱まり、古代の神たちは脇役とされていく。
(5)大乗仏教においても自然神は仏教を守護する神などになって、自然神への信仰は弱められる。
(6)ここにおいて古代のアグニの持っていた力(生命力、浄化力など火の持つ原初的なイメージからくる力*)はアグニから引き離され、ヒンドゥー教においては主にシヴァ神に引き継げられる。
(7)大乗仏教においては特に密教においてアグニの力は五大明王の中に蘇る。

(注*ここで原初的なイメージと言うのは人間の持っている火に対する原始的とも言うべきイメージです。 私たちは薪からの火が燃え上がったり、とろとろと燃えたりするのを観ると、神秘的な生命にふれているような感覚になります。また、心が浄化される感覚にもなります。この感覚は恐らく原始人はや古代人がもっていたのと同じ感覚です。)

ここまで火光天の歴史をたどってきて判ったことは、火光天は古代、あるいは原始時代に起源を持つ古くて強い神火の神アグニだということです。

古代のアグニの力はヒンドゥー教においても、仏教においても弱体化させられるのですが、ヒンドゥーにおいてはシヴァ神に受け継がれ、仏教においては密教の明王の中に蘇ります。

火に対する人間の原初的なイメージは原始時代から現代に至るまでも失われること無く継続していて、その原初的なイメージがアグニを生み出し、またアグニを幾たびも蘇らせていく、ように思うのです。
# by masaaki.nagakura | 2015-12-20 12:37 | 小川町の人と自然
火光天の歴史をたどる(2)不動明王と火光天
火天(=火光天)も密教(真言宗、天台宗)で信仰される不動明王も火炎を背景にしている点が似ています。
これは火天の絵。(再掲です)
d0026078_2150345.jpg

これは不動明王です。

d0026078_22401292.png

不動明王も元はインド出身でサンスクリット語ではアチャラ・ナータ(acala naataha)と呼ばれるようです。(Wikpediaより)
ですから元から火天(アグニ)と不動明王は同じ神ではないのです。
ですが両者のイメージには相当共通したものがあります。

私にはこの両者の起源が同じもののように思えます。
というか、歴史的には先に火天(アグニ)があり、アグニのイメージを発展させたのが不動明王ではないかと思うのです。 
以下にそのように思う理由を話します。
元々アグニというのはバラモン教の中でインドラ(雷神)についで信仰を集めていた神です。

次はWEBサイトのグレゴリウス暦「バラモン教の神々」からの引用です。

『四世紀頃、古代インドにおいて、ヴェーダの宗教であるバラモン教と民間宗教が融合することによりヒンドゥー教が成立します。
ヴェーダの時代に重要な神であった「インドラ、アグニ、ヴァルナ」に代わって、ヴェーダでは脇役に過ぎなかった「ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァ」が重要な神となります。」
同Websiteには、上の話についで次の八方に対応するバラモン教の神々の名があります。
[東] 雷神インドラ(帝釈天)
[南東]火神アグニ(火天)
[南] 冥界神ヤマ(閻魔天)
[南西]太陽神スーリヤ(日天)
[西] 水神ヴァルナ(水天)
「北西」風神ヴァーユ(風天)
「北」 財宝神クベーラ(多聞天、毘沙門天)
「北東」月神チャンドラ(月天)/神酒ソーマ』

これらの神々は冥界神ヤマと財宝神クラーベ以外はいずれも自然界の存在でしかも無生物ということは興味深いです。
この神々の中で最も強い信仰を集めたのが、雷神のインドラ、ついで火神のアグニ、それに水神のヴァルナが続きます。アーリア人は古代において火を信仰の対象していた、ということですが、その火を神格化したものがアグニと考えられます。次はWIKIPEDIAの「火炎崇拝」の一節です。

『火炎崇拝(かえんすうはい)とは、火・炎を神格化して崇拝の対象(火神)とすること、あるいは火を神聖視し、または神の象徴と見て宗教儀式に用いることなどをいう。これらは世界のいろいろな宗教に広く見られ、次のような火の属性に基づくものと見られる。

人間の日常生活に必要不可欠であるが、その一方で人間を死にも至らしめる恐ろしい存在である。
不浄なものを焼き尽くし清浄にする。
闇を照らし善または智恵の象徴とされる光の源である。
常に上に燃え上がり、あるいは燃やしたものを煙として立ち上らせる。

ヴェーダ宗教では火神アグニが人間と神々を仲介し、火により人間の供物と祈りが天上にもたらされると考えられた。この思想はヒンドゥー教にも伝えられ、さらに仏教(大乗仏教の密教)にも取り込まれて護摩の儀式となった。なお、アグニは文字通り「火」の意味と考えられ、ラテン語やスラヴ語にも同系の語がある。』

このようなことからアグニはとても古くからの重要な神であった、と考えられます。

しかしそのアグニは紀元後のヒンズー経では脇役になり、代わって宇宙の「創造、維持、破壊の神」、「ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァ」が主役になっていきます。
このような神の権力構造の変遷はどうして起こったのでしょうか?
これは人間の思想の深化とも捉えることが出来ます。
すなわち雷、火、水という具体的な自然崇拝から、その自然を創造し、維持し、また破壊するというより根源的な存在に思いが向けられた、ということです。
そうしてそのような新たな神への信仰を強めようとすると、どうしても過去の神は脇役にしていかなければなりません。
次はまたWIKIPEDIAの「アグニ」からの引用です。

『また彼は天上にあっては太陽、中空にあっては稲妻、地にあっては祭火など、世界に遍在する。家の火・森の火、また心中の怒りの炎・思想の火・霊感の火としても存在すると考えられた。また人間や動物の体内にあっては食物の消化作用として存在し、栄養を全身に行き渡らせて健康をもたらし、ひいては子孫繁栄や財産(家畜)の増大などももたらすとされた。

後にはローカパーラ(lokapaala『世界の守護神』)八神の一柱として、東南の方角を守護するとされた。だが、後期になると影が薄くなり、叙情詩『ラーマーヤナ』においてラーヴァナによって尻尾に火を付けられたハヌマーンの治療をした程度である。仏教では火天(かてん)と呼ばれる。』

このようにしてかってのアグニ(火天)の絶大な力は剥奪されていったのでしょう。

さてそうなると火天の持っていた浄化や人間の供物と祈りを天上にもたらす、という重要な働きを火天以外の
存在に付与しなければならなくなります。ヒンズー教では火天の持っていた浄化などの働きはシバ神に付与されているように思います。そう思うのはシバ神の像が次のように輪状に炎に囲まれていることが多いと言うことです。
d0026078_22132261.jpg

 それから火というのは生命の創造した木などを燃焼して破壊(酸化しその誕生の元になった炭酸ガスと水に戻す)ので破壊を司るシバ神に重なります。

一方密教ではそのような重要な働きをシバ神に付与するわけにはいきません。
そこで生まれてきたのが、不動明王と考えられるのです。
密教では護摩を炊いて祈祷をします。供物と木片をくべながらお祈りをするようですが、それは火炎崇拝の古代人がなしたお祈りと同じ形だといえるでしょう。異なるのは信仰の対象が火天ではなく、不動明王など、密教のなかで位置づけられて信仰されている明王だと言う点です。
調べてみると明王と言うのは菩薩のような仏教の修行者であって、5大明王といって不動明王を中心に5明王がおられるようです。次はWIKIPEDIAの五大明王からです。
『五大明王 中央は不動明王、右下から時計回りに降三世明王、軍荼利明王、大威徳明王、金剛夜叉明王』
d0026078_21425580.png

これらの明王はいずれも火炎を背負っております。
ここで、金剛夜叉明王は真言宗系の密教での明王であって、天台宗系ではこの明王に替わって烏枢沙摩明王(ウスサマ明王)となります。
烏枢沙摩明王(ウスサマ明王)を更に調べてみるとWIKIPEDIAで5大明王の中の、烏枢沙摩明王(ウスサマ明王)がアグニに相当する、という記述があります。次にその記述を掲載します。

『烏枢沙摩明王は古代インド神話において元の名を「ウッチュシュマ」、或いは「アグニ」と呼ばれた炎の神であり、「この世の一切の汚れを焼き尽くす」功徳を持ち、仏教に包括された後も「烈火で不浄を清浄と化す」神力を持つことから、心の浄化はもとより日々の生活のあらゆる現実的な不浄を清める功徳があるとする、幅広い解釈によってあらゆる層の人々に信仰されてきた火の仏である。意訳から「不浄潔金剛」や「火頭金剛」とも呼ばれた。』
この記述からすれば、烏枢沙摩明王がアグニの蘇りということになります。

でもこれは天台宗系での解釈であり、真言宗系ではそのような明確なアグニの蘇りはないので、やはり不動明王を代表として五大明王全体でアグニの力を蘇らせていると想像できます。

では天台宗の烏枢沙摩明王(ウスサマ明王)を除く五大明王はアグニの力を受け継いでいないか、というと相違言うわけではなくやはり五大明王全体でアグニの力を蘇らせているように思えます。烏枢沙摩明王(ウスサマ明王)はアグニの蘇りの代表として位置づけられている、と思うのです。
# by masaaki.nagakura | 2015-12-07 22:01 | 小川町の人と自然
火光天の歴史をたどる (1)火光天の起源
小川町の飯田神社で火光天を祭る「宵宮祭」がある、という話をしましたが、これからその歴史をたどってみたいと思います。
飯田神主の千島さんの話では火光天を祭るのは珍しいと言うことです。
まずインターネットで検索しましたが、火光天というキーワードで出てきたのは次の二つです。
「小川町の祭り、伝統芸能」
「2014年5月ー偏平足ーGooブログ」
この下のブログにはヒントがありました。そのブログに一節を引用します。

秋葉山では十二天は「伊舎那天、帝釈天、火光天、焔魔天、羅刹天、水雨天、吹風天、多聞天、大梵天、持地天、日天子、月天子」となっている。」

ここで十二天はWIKIPEDIAでは次のように説明されています。
「仏教における「天」あるいは天部像とは、仏教流布以前の古代インド神話やバラモン教の神々が仏教に取り込まれ、護法善神となったものである。十二天とは、八方(東西南北の四方と東北・東南・西北・西南)を護る八方天に、天地の二天と日月の二天を加えて十二天としたものである。」
とし、次の表が示されています。
帝釈天   Indra         東  
火天    Agni          東南
焔摩天   Yama         南
羅刹天   Rākṣasa / Nirṛti 西南
水天    Varuṇa       西
風天     Vāyu        西北
毘沙門天  Vaiśravaṇa    北
伊舎那天  Īśāna        東北
梵天     Brahmā       天(上)
地天     pṛthivī        地(下)
日天     Sūrya / Āditya   日
月天     Candra        月

秋葉山の十二天と比較すると次のように対照できます。左がWIKIPEDIA、右が秋葉山の名称です。

帝釈天   ⇒同左
火天    ⇒ 火光天    
焔摩天   ⇒ 同左      
羅刹天   ⇒同左
水天    ⇒水雨天
風天     ⇒吹風天
毘沙門天 ⇒多聞天
伊舎那天  ⇒同左
梵天    ⇒大梵天
地天     ⇒持地天
日天    ⇒日天子
月天    ⇒月天子

すなわち火光天は火天と同じことになります。
どうして秋葉山とか飯田神社では火天が火光天とされるのか、今のところは謎です。

火天は元のインドではAgni(アグニ)です。
次はWIKIPEDAからAgniの細密画(18世紀 インド)です。

d0026078_20301659.jpg

これは19世紀に描かれたインド絵画(大英博物館所蔵)(gregorius.jpバラモン教の神々より)です。
d0026078_2053201.jpg


日本でも火天は色々な姿に描かれているようです。
これは京都国立博物館所蔵の火天。
d0026078_2110049.jpg

これは長保寺という寺に所蔵されている16世紀に描かれた火天。
d0026078_21151777.jpg


火天の姿は変わっていますが、共通しているのは炎を背負っている、あるいは頭や口から炎を出している(インドの2番目の絵)ことです。

炎を背負っていると言えば不動明王を思い出します。
次は不動明王と火天の関係について考えます。
# by masaaki.nagakura | 2015-12-07 08:24 | 小川町の人と自然
小川町の人と自然 75 飯田神社の宵宮祭
2015年10月17日に小川町の飯田神社にて恒例の宵宮祭(よいみやまつり)があり、翌日10月18日は秋の大祭(収穫祭)がありました。私は2年ほど前から飯田神社の祭りを支える10人くらいの神社総代という役の一人で、祭りの司会役を担当しています。
ここでは宵宮祭の紹介などをします。

宵宮祭というのはまず火光天という神様に捧げものを並べます。
d0026078_11354911.jpg

d0026078_10565560.jpg

この火光天の前で神主が祝詞をあげます。そして総代長が神主から蝋燭を受け取ります。
d0026078_1102210.jpg


それからその蝋燭の火で予め用意した薪に点火します。
d0026078_114156.jpg

d0026078_1145277.jpg

それからその火を囲んで宵を過ごします。
d0026078_11152772.jpg


最後は火を消してお開きです。
d0026078_11112236.jpg

昔(写真の人達が子供の頃)は一晩中燃やした、という話、しかも子供たちが火守りをしてたと言うことです。
そのときだけは近隣の畑からサツマイモを掘って焼き芋をしたり、という自由が子供たちに認められていた、でもそれが行き過ぎて止めさせられた、という話も聞きました。

さてここで話はしばし私ごとになります。
私はこの祭りの対象とされている「火光天」という神様には特別な想いを持っています。
というのは、火光天の石碑の光と言う字の形にひかれたのです。
上の火光天の写真の光という字を見てください。その字の上には火という字があって、その下に稲ピカリ(稲妻)の形があるのです。

だからこの光は稲妻の光を意味している、と思ったのです。
何故この形に私が魅かれたか、と言いますと私はオゾン発生器を製造しているエコデザイン株式会社と言う会社を16年前に始めましたが、オゾン発生器のオゾン発生の原理はこの稲妻の中にあります。

オゾンと言うのは酸素から出来るもので、空気中で放電があれば必ず出来るものですが稲妻の中では大々的な規模でオゾンが作られています。ただし、稲妻は瞬時で終わるのでトータルとしての発生量はそれほど多くはないと思いますが、その瞬間の発生率(時間当たりの発生量)は莫大です。(まだ計算してはいません、汗)

私が偶々移り住んだこの小川町飯田というところに偶々この妙な字の「火光天」が祭られていたということに不思議な縁を感じたのです。この神様に私が後押しされている、という気がするのです。
その意味では(ここからますます私ごとになりますが)数年前に引越ししたエコデザイン株式会社の工場(加藤登紀子さんの夫、藤本敏夫さんが自然食品工場として作った工場)の背後にこれまた、たまたま雷電山という山があり、雷電が祭られていたのも不思議な縁です。

さて、このような個人的な関心もあっての話ではありますが、この「火光天」がどのような由来をもってこの小川町の飯田に祭られているかに関して考えたいと思います。稿を改めます。
# by masaaki.nagakura | 2015-10-23 13:00 | 小川町の人と自然
私の旅 19 次世代農業展
幕張メッセで開かれていた「次世代農業展」に行きました。
目的はこの最初の写真の水素とオゾンガス併用の水耕栽培の装置メーカーとの相談でしたが、そのほか色々面白いのがあり、引き込まれました。

水素を水中にバブリングさせて、時折オゾンガスをバブリングすることで、生育促進且つ根腐れ防止とのこと。
d0026078_20594157.jpg
地元産の果物でお酒をつくるお酒つくり請負。
d0026078_210137.jpg
地元産の果物でゼリーなどのお菓子を作るお菓子つくり請負産業。
d0026078_2101726.jpg

d0026078_2102525.jpg
ソーラーパネル関係の展示はあちこちに。
d0026078_211567.jpg
太陽光を通過させるソーラーパネルで温室の屋根に備えることが出来るとのこと。
d0026078_211151.jpg
NMR共鳴浸透水というので収量増加とか?
d0026078_2111860.jpg
木の粉を固めたものの内部にきのこの菌糸を繁殖させて、きのこを育てている。
d0026078_2113171.jpg

d0026078_2113630.jpg
薪利用の温水器。
d0026078_2114067.jpg
調理用の薪ストーブ。
d0026078_2114891.jpg
水の気化熱を利用した冷風機。
d0026078_212257.jpg
唐辛子をしみこませた釘みたいなものを土中に打ち込んでモグラよけ。
d0026078_2121369.jpg

d0026078_2121776.jpg
これも作物の収量を増やす水。
d0026078_212496.jpg

この最後の写真は水を変えずに海洋生物を変える水槽。「メダカのように簡単にクマノミが飼えます」というのが売り言葉です。
d0026078_2185212.jpg

# by masaaki.nagakura | 2015-10-21 13:00 | 私の旅
私の旅18 黒姫童話館
2015年10月12日黒姫童話館を訪ねました。
童話館の近くに黒姫山がそびえ、その右側のやや遠方に妙高山が見渡せます。
d0026078_1050148.jpg

こちらが妙高山。
d0026078_10562963.jpg

童話館に着きました。
d0026078_10564613.jpg

木彫りの熊君が出迎えてくれる。
d0026078_10565658.jpg

ここから見ると黒姫山もロマンチックな雰囲気を漂わせる。
青春が蘇る想いです。
d0026078_1057267.jpg

中に入ると「もも」の作者のミヒャエル・エンデに関わる展示もある。
「未来の世界はファンタジーからしか育ちません」と言うのはいい言葉です。
d0026078_112859.jpg

ミヒャエル・エンデは亀さんが好きだったようです。
d0026078_1142186.jpg

信州の民話の展示もあり、その中では「あさこ ゆうこ」という話がとても印象に残りました。
これは仲の悪かった隣村同士があさこ、ゆうこの計らいで仲直りするという話です。
この物語にはいまの世界の今と未来が重なって見えます。
d0026078_116420.jpg

けんかばかり、は世界中で起こっています。
経済競争という知恵比べで勝ち負けを競うのも日常です。そして負けた国は勝った国の言うことに従わなければならなくなります。
d0026078_1161720.jpg

でも異国の人同士があって心から話せばお互いがどんなに似ているかに気づかされます。
相手の中に自分を見ることが出来るのです。
d0026078_1162259.jpg

それに気づいた人達は国や人種の異なるお互いを結びつける提言をするでしょう。
d0026078_1162714.jpg

そして、みんながより良い未来の地球を作ることを競って、やがて本当の世界平和が実現します。
d0026078_1164057.jpg


日本も韓国や中国やの隣国と小さな島を取り合って争ったりなどしてますが、この物語のようにもっと地球全体のためになることで競争して仲良くなれば良いのに、と思うのです。

竹島や尖閣諸島は未来の持続可能な地球のモデル村を作る競争の島にしたら如何なものでしょうか?
# by masaaki.nagakura | 2015-10-17 11:17 | 私の旅
小川町の人と自然74 たまりんどで粘土細工展
小川町のたまりんどで人形作家みちやすさんの粘土細工を展示する催し「森のねんどの物語」が10月3日~25日の期間開かれています。
10月10日に森と人との付き合い方を語るトークイベントと交流会があり参加しました。
割り箸の生産の廃材から作られた粘土で愉快でノスタルジックな作品が多数展示されています。

d0026078_9385390.jpg

d0026078_938572.jpg

d0026078_9385942.jpg

d0026078_939211.jpg

d0026078_939344.jpg

d0026078_939776.jpg

d0026078_9391088.jpg


たまりんどにだんだんと人が集まってきます。
d0026078_9395162.jpg

みちやすさんが作品を解説。
d0026078_9395520.jpg

トークイベントが始まります。それぞれの森への想いが語られます。
d0026078_9395977.jpg

こちらがみちやすさん。京都から来られています。
d0026078_9401167.jpg

こちらは群馬から来られている、森林業の方。
d0026078_9455246.jpg

交流会が始まります。
d0026078_1032999.jpg

最後に眼や口の動く人形をみちやすさんの演出で見せてもらいました。
d0026078_10343311.jpg

d0026078_10333990.jpg

楽しいひと時でした。
# by masaaki.nagakura | 2015-10-17 09:46 | 小川町の人と自然
WwoofHost日記8 シンガポールからのWwoofer
シンガポールからのWwoofer のジェルションとクリストファーが9月23日から10月3日まで来てくれました。
d0026078_7535283.jpg

シンガポールは徴兵制があり、2年間の兵役を終えてきたので、作業着は空軍(ジェルション)と陸軍(クリストファー)のものです。
d0026078_7543638.jpg

マイクロブロワリーです。
d0026078_7573526.jpg

飯田の卵料理レストラン史(チカ)にも行き、気に入ってもらえました。
d0026078_7581294.jpg

最近のシンガポール事情をいろいろ聞けました。
d0026078_1245275.jpg

10月2日はささやかなお別れパーティ。
d0026078_12451442.jpg

ジェルションさんのギター弾きながらの歌も良かったです。
d0026078_12503595.jpg

以上の写真では働いているところはあまりないですが、畑の手伝いのほか、山の道をとうせんぼしている木々の伐採、シノの伐採などもしてもらいました。 ジェルションさんのシンガポールの料理も美味しかった。
山野草展の準備もお願いしました。ありがとうございました。
# by masaaki.nagakura | 2015-10-02 07:51 | WwoofHost日記
小川町の人と自然73 里山クラブYOUYOUのコウゾ畑の草取りなど
昨日2015年10月20日は小川町の里山クラブYOUYOUが管理しているコウゾ畑の草取り。
d0026078_08510748.jpg
d0026078_08520544.jpg

d0026078_08521957.jpg
WWooferのベロニカさんにも手伝ってもらいました。
d0026078_08523844.jpg
20人あまりが参加し、9時から11時の2時間で作業は終わり、全員が近況の出来事、心境などを語る。
d0026078_08582769.jpg
このコウゾ畑は和紙アーティストのリチャード フレイビンさんに提供するコウゾを育てている畑で、10年以上続いています。
この日リチャード フレイビンさんは伝統工芸会館の展示館で畑には来れませんでした。
午後に伝統工芸会館を訪ねて、フレイビンさんの和紙アートと関口さんの陶芸を鑑賞しました。
d0026078_09044426.jpg
d0026078_09064303.jpg
この写真の左はフレイビンさんが好きで私も好きなティグナットハンの詩をフレイビンさんが和紙に筆で描いたものです。

Clouds In Each Paper

--by Thich Nhat Hanh (Mar 25, 2002)


If you are a poet, you will see clearly that there is a cloudfloating in this sheet of paper. Without a cloud, there will beno rain; without rain, the trees cannot grow: and without trees,we cannot make paper. The cloud is essential for the paper toexist. If the cloud is not here, the sheet of paper cannot be hereeither. So we can say that the cloud and the paper inter-are.

"Interbeing" is a word that is not in the dictionary yet, butif we combine the prefix "inter" with the verb "to be", we have anew verb, inter-be. Without a cloud, we cannot have paper, so wecan say that the cloud and the sheet of paper inter-are.

If we look into this sheet of paper even more deeply, we cansee the sunshine in it. If the sunshine is not there, the forestcannot grow. In fact nothing can grow. Even we cannot grow withoutsunshine. And so, we know that the sunshine is also in this sheetof paper. The paper and the sunshine inter-are. And if we continueto look we can see the logger who cut the tree and brought it tothe mill to be transformed into paper. And we see the wheat. Weknow that the logger cannot exist without his daily bread, andtherefore the wheat that became his bread is also in this sheetof paper. And the logger's father and mother are in it too. Whenwe look in this way we see that without all of these things, thissheet of paper cannot exist.

-- Thich Nhat Hanh

- See more at: http://www.awakin.org/read/view.php?tid=222#sthash.SKHBwxd4.dpuf
d0026078_09092611.jpg
いい詩ですので掲載します。この文は次のサイトから引用させていただきましたのでフレイビンさんの書とは若干異なるかもしれません。。
http://www.awakin.org/read/view.php?tid=222
フレイビンさんお話ではTreeは特にKouzo Treeとした、とのことです。


Clouds InEach Paper

--by Thich Nhat Hanh (Mar 25, 2002)

If you are a poet, you will see clearly that there is acloud floating in this sheet of paper. Without a cloud, there will be no rain;without rain, the trees cannot grow: and without trees, we cannot make paper.The cloud is essential for the paper to exist. If the cloud is not here, thesheet of paper cannot be here either. So we can say that the cloud and thepaper inter-are.

("Interbeing" is a word that is not in thedictionary yet, but if we combine the prefix "inter" with the verb"to be", we have a new verb, inter-be. )

Without a cloud, we cannothave paper, so we can say that the cloud and the sheet of paper inter-are.

If we look into this sheet of paper even more deeply, wecan see the sunshine in it. If the sunshine is not there, the forest cannotgrow. In fact nothing can grow. Even we cannot grow without sunshine. And so,we know that the sunshine is also in this sheet of paper. The paper and thesunshine inter-are. And if we continue to look we can see the logger who cutthe tree and brought it to the mill to be transformed into paper. And we seethe wheat. We know that the logger cannot exist without his daily bread, andtherefore the wheat that became his bread is also in this sheet of paper. Andthe logger's father and mother are in it too. When we look in this way we seethat without all of these things, this sheet of paper cannot exist.


この日の夜は里山クラブYOUYOUの佐藤章会長のお宅にて語ったり、歌ったり。ベロニカさんが次の日に小川町を発つということで、お別れ会も兼ねました。ベロニカさんの歌には一同聴きほれました。(ベロニカさんはウイーン青年合唱団のメンバーです。


# by masaaki.nagakura | 2015-09-21 09:10 | 小川町の人と自然
WwooferHost日記7 Veronika from Austria again
京都に行っていたベロニカが昨日9月12日に我が家に戻ってきました。
d0026078_17541362.jpg
今日は午前中にそばの収穫、午後に小川町めぐりでした。
そばの収穫は私、伴侶の輝代、ベロニカの3人で何とか終えました。
まずはソバの葉を落とします。
d0026078_17563224.jpg
d0026078_17580817.jpg
ソバに魅惑された虫が名前は分かりませんが面白いので移しました。
同じ種類なんでしょうが、模様が少しずつ違うのが面白い。
伴侶の話してはこれらは葉も食べない。ただ汁を吸うだけかも、とのこと。
d0026078_18000222.jpg
d0026078_18012205.jpg
d0026078_18013838.jpg
d0026078_18020127.jpg
d0026078_18052349.jpg
それから、これは葉を食べるやつ、胡麻は食べない。蛾の幼虫でしょう。でも結構しゃれている。
d0026078_18042098.jpg
おなじみのカマキリもいました。胡麻にくる虫を狙っているのでしょう。
d0026078_18073259.jpg
ようやく刈り終えました。
d0026078_18081996.jpg
午後はまずは岡本農園へ。玄関先に美しい花が。名前は忘れました。
d0026078_18120223.jpg
d0026078_18135356.jpg
今日のお目当てはリコリスです。岡本さんは自分で交配しているので珍しいリコリスも見れます。
d0026078_18170158.jpg
d0026078_18171524.jpg
これは黄色と赤のリコリスかの交配から出来た珍しいリコリスです。
d0026078_18173891.jpg



d0026078_18191510.jpg
次は地元アーティストの展示即売会を開催中の「たまりんど」です。これはあずさ窯の関口さんの陶芸。
d0026078_19422213.jpg
私は茶碗と「たまりんど」型の皿を購入しました。ここで「たまりんど」というのは東南アジアに生育する豆の一種とのことです。
茶碗は私がいつも愛用しているものですが、半年に一度くらいは割れてしまうので買いたします。
関口さんに「割れてしまうよ」と言ったことがあるけど、「どんどん割ってください」という返事でした。


d0026078_19455931.jpg
近藤さんの竹ざるです。何度見ても繊細さにひきつけられます。
d0026078_19464178.jpg
これは小峰さんのアイアンアート、原初的な力強さが魅力です。
d0026078_19475559.jpg
優雅なコースタなど、石橋さんの木工アートです。
d0026078_19491277.jpg
次は小川町の有機農業といえば極め付きの霜里農場の田んぼのアイガモを見に。7月に田んぼに居たアイガモは居なくなり、あるいは見えなくなり、代わりに、(と言っては失礼か)パラグライダークラブの「信天翁」の方たちに会えました。ベロニカの右は私も所属している小川町里山クラブYOUYOUの:メンバーの富取さんです。
考えてみれば「信天翁」はアホウドリのことで、アイガモの代わりにこんなでっかい鳥たちに出会えたのはラッキーなのでしょう。
d0026078_19563417.jpg
霜里農場では牛に草も食べさせました。(金子さんに怒られるかしら?)
d0026078_20001910.jpg
最近生まれたのでしょう、こんな可愛い子牛にもあえました。

d0026078_20280065.jpg
d0026078_20320918.jpg
駆け足での小川町めぐりでしたが、楽しかったです。
ベロニカも楽しんでいたようです。










# by masaaki.nagakura | 2015-09-13 18:19 | WwoofHost日記