<   2015年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
小川町の人と自然 75 飯田神社の宵宮祭
2015年10月17日に小川町の飯田神社にて恒例の宵宮祭(よいみやまつり)があり、翌日10月18日は秋の大祭(収穫祭)がありました。私は2年ほど前から飯田神社の祭りを支える10人くらいの神社総代という役の一人で、祭りの司会役を担当しています。
ここでは宵宮祭の紹介などをします。

宵宮祭というのはまず火光天という神様に捧げものを並べます。
d0026078_11354911.jpg

d0026078_10565560.jpg

この火光天の前で神主が祝詞をあげます。そして総代長が神主から蝋燭を受け取ります。
d0026078_1102210.jpg


それからその蝋燭の火で予め用意した薪に点火します。
d0026078_114156.jpg

d0026078_1145277.jpg

それからその火を囲んで宵を過ごします。
d0026078_11152772.jpg


最後は火を消してお開きです。
d0026078_11112236.jpg

昔(写真の人達が子供の頃)は一晩中燃やした、という話、しかも子供たちが火守りをしてたと言うことです。
そのときだけは近隣の畑からサツマイモを掘って焼き芋をしたり、という自由が子供たちに認められていた、でもそれが行き過ぎて止めさせられた、という話も聞きました。

さてここで話はしばし私ごとになります。
私はこの祭りの対象とされている「火光天」という神様には特別な想いを持っています。
というのは、火光天の石碑の光と言う字の形にひかれたのです。
上の火光天の写真の光という字を見てください。その字の上には火という字があって、その下に稲ピカリ(稲妻)の形があるのです。

だからこの光は稲妻の光を意味している、と思ったのです。
何故この形に私が魅かれたか、と言いますと私はオゾン発生器を製造しているエコデザイン株式会社と言う会社を16年前に始めましたが、オゾン発生器のオゾン発生の原理はこの稲妻の中にあります。

オゾンと言うのは酸素から出来るもので、空気中で放電があれば必ず出来るものですが稲妻の中では大々的な規模でオゾンが作られています。ただし、稲妻は瞬時で終わるのでトータルとしての発生量はそれほど多くはないと思いますが、その瞬間の発生率(時間当たりの発生量)は莫大です。(まだ計算してはいません、汗)

私が偶々移り住んだこの小川町飯田というところに偶々この妙な字の「火光天」が祭られていたということに不思議な縁を感じたのです。この神様に私が後押しされている、という気がするのです。
その意味では(ここからますます私ごとになりますが)数年前に引越ししたエコデザイン株式会社の工場(加藤登紀子さんの夫、藤本敏夫さんが自然食品工場として作った工場)の背後にこれまた、たまたま雷電山という山があり、雷電が祭られていたのも不思議な縁です。

さて、このような個人的な関心もあっての話ではありますが、この「火光天」がどのような由来をもってこの小川町の飯田に祭られているかに関して考えたいと思います。稿を改めます。
by masaaki.nagakura | 2015-10-23 13:00 | 小川町の人と自然
私の旅 19 次世代農業展
幕張メッセで開かれていた「次世代農業展」に行きました。
目的はこの最初の写真の水素とオゾンガス併用の水耕栽培の装置メーカーとの相談でしたが、そのほか色々面白いのがあり、引き込まれました。

水素を水中にバブリングさせて、時折オゾンガスをバブリングすることで、生育促進且つ根腐れ防止とのこと。
d0026078_20594157.jpg
地元産の果物でお酒をつくるお酒つくり請負。
d0026078_210137.jpg
地元産の果物でゼリーなどのお菓子を作るお菓子つくり請負産業。
d0026078_2101726.jpg

d0026078_2102525.jpg
ソーラーパネル関係の展示はあちこちに。
d0026078_211567.jpg
太陽光を通過させるソーラーパネルで温室の屋根に備えることが出来るとのこと。
d0026078_211151.jpg
NMR共鳴浸透水というので収量増加とか?
d0026078_2111860.jpg
木の粉を固めたものの内部にきのこの菌糸を繁殖させて、きのこを育てている。
d0026078_2113171.jpg

d0026078_2113630.jpg
薪利用の温水器。
d0026078_2114067.jpg
調理用の薪ストーブ。
d0026078_2114891.jpg
水の気化熱を利用した冷風機。
d0026078_212257.jpg
唐辛子をしみこませた釘みたいなものを土中に打ち込んでモグラよけ。
d0026078_2121369.jpg

d0026078_2121776.jpg
これも作物の収量を増やす水。
d0026078_212496.jpg

この最後の写真は水を変えずに海洋生物を変える水槽。「メダカのように簡単にクマノミが飼えます」というのが売り言葉です。
d0026078_2185212.jpg

by masaaki.nagakura | 2015-10-21 13:00 | 私の旅
私の旅18 黒姫童話館
2015年10月12日黒姫童話館を訪ねました。
童話館の近くに黒姫山がそびえ、その右側のやや遠方に妙高山が見渡せます。
d0026078_1050148.jpg

こちらが妙高山。
d0026078_10562963.jpg

童話館に着きました。
d0026078_10564613.jpg

木彫りの熊君が出迎えてくれる。
d0026078_10565658.jpg

ここから見ると黒姫山もロマンチックな雰囲気を漂わせる。
青春が蘇る想いです。
d0026078_1057267.jpg

中に入ると「もも」の作者のミヒャエル・エンデに関わる展示もある。
「未来の世界はファンタジーからしか育ちません」と言うのはいい言葉です。
d0026078_112859.jpg

ミヒャエル・エンデは亀さんが好きだったようです。
d0026078_1142186.jpg

信州の民話の展示もあり、その中では「あさこ ゆうこ」という話がとても印象に残りました。
これは仲の悪かった隣村同士があさこ、ゆうこの計らいで仲直りするという話です。
この物語にはいまの世界の今と未来が重なって見えます。
d0026078_116420.jpg

けんかばかり、は世界中で起こっています。
経済競争という知恵比べで勝ち負けを競うのも日常です。そして負けた国は勝った国の言うことに従わなければならなくなります。
d0026078_1161720.jpg

でも異国の人同士があって心から話せばお互いがどんなに似ているかに気づかされます。
相手の中に自分を見ることが出来るのです。
d0026078_1162259.jpg

それに気づいた人達は国や人種の異なるお互いを結びつける提言をするでしょう。
d0026078_1162714.jpg

そして、みんながより良い未来の地球を作ることを競って、やがて本当の世界平和が実現します。
d0026078_1164057.jpg


日本も韓国や中国やの隣国と小さな島を取り合って争ったりなどしてますが、この物語のようにもっと地球全体のためになることで競争して仲良くなれば良いのに、と思うのです。

竹島や尖閣諸島は未来の持続可能な地球のモデル村を作る競争の島にしたら如何なものでしょうか?
by masaaki.nagakura | 2015-10-17 11:17 | 私の旅
小川町の人と自然74 たまりんどで粘土細工展
小川町のたまりんどで人形作家みちやすさんの粘土細工を展示する催し「森のねんどの物語」が10月3日~25日の期間開かれています。
10月10日に森と人との付き合い方を語るトークイベントと交流会があり参加しました。
割り箸の生産の廃材から作られた粘土で愉快でノスタルジックな作品が多数展示されています。

d0026078_9385390.jpg

d0026078_938572.jpg

d0026078_9385942.jpg

d0026078_939211.jpg

d0026078_939344.jpg

d0026078_939776.jpg

d0026078_9391088.jpg


たまりんどにだんだんと人が集まってきます。
d0026078_9395162.jpg

みちやすさんが作品を解説。
d0026078_9395520.jpg

トークイベントが始まります。それぞれの森への想いが語られます。
d0026078_9395977.jpg

こちらがみちやすさん。京都から来られています。
d0026078_9401167.jpg

こちらは群馬から来られている、森林業の方。
d0026078_9455246.jpg

交流会が始まります。
d0026078_1032999.jpg

最後に眼や口の動く人形をみちやすさんの演出で見せてもらいました。
d0026078_10343311.jpg

d0026078_10333990.jpg

楽しいひと時でした。
by masaaki.nagakura | 2015-10-17 09:46 | 小川町の人と自然
WwoofHost日記8 シンガポールからのWwoofer
シンガポールからのWwoofer のジェルションとクリストファーが9月23日から10月3日まで来てくれました。
d0026078_7535283.jpg

シンガポールは徴兵制があり、2年間の兵役を終えてきたので、作業着は空軍(ジェルション)と陸軍(クリストファー)のものです。
d0026078_7543638.jpg

マイクロブロワリーです。
d0026078_7573526.jpg

飯田の卵料理レストラン史(チカ)にも行き、気に入ってもらえました。
d0026078_7581294.jpg

最近のシンガポール事情をいろいろ聞けました。
d0026078_1245275.jpg

10月2日はささやかなお別れパーティ。
d0026078_12451442.jpg

ジェルションさんのギター弾きながらの歌も良かったです。
d0026078_12503595.jpg

以上の写真では働いているところはあまりないですが、畑の手伝いのほか、山の道をとうせんぼしている木々の伐採、シノの伐採などもしてもらいました。 ジェルションさんのシンガポールの料理も美味しかった。
山野草展の準備もお願いしました。ありがとうございました。
by masaaki.nagakura | 2015-10-02 07:51 | WwoofHost日記