<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
想うこと7 良き未来に向けて(19)日本の経済政策への7つの提言
 私はリーマンショックの後に「経済とは何か」というタイトルでブログを記し、その最後に「日本の経済政策への提言」として記しました。 現在読み直してみても同感するので再掲します。日本の未来を考える上で参考にしていただければ幸いです。

 私が言わんとするのは「現在の日本にとって消費物質の豊かさよりも重要な課題があり、これからの経済はその課題の達成に力を入れるべきである」ということ、そして「そのようになすべき課題がある以上、失業者が大勢いる、などということはあってはならないことであり、このような課題に挑戦する中で雇用の確保を図ることが国家の最大の責務である」ということです。

(1)豊かな自然の生態系の復活
 故郷を讃える歌には必ず豊かな自然が織り込まれています。生命に溢れた郷土こそ、愛し、懐かしみ、誇れる場所です。 特に農薬の散布、洗剤を使った水の垂れ流し、そして、三面張りなど生態系への影響を無視した治水工事が日本の農村の生態系を無残に破壊してきました。それが、子供たちから遊び場を奪い、潤い豊かな自然に浸る安らぎを奪い、精神的荒廃の大きな原因となってきたことを直視すべきでしょう。本来日本の国が持っている豊かな生態系の復活はこれからの日本にとって最大の挑戦課題です。
まずは脱農薬農法、洗剤無放出洗浄、自然河川工法などを国家プロジェクトとして取り上げたいものです。
(2)美しい路の創造
 昔の日本の絵画には東海道五十三次など、美しく、市場溢れる路が描かれています。ヨーロッパには現在でも美しい路並みが至る所に残されています。今の日本のどこにそのような路が残されているのか、はなはだ悲しい状況です。
 家の中に如何に立派な家電が並んでいようと、路が美しくなければ、生活環境が良くなったとはいえないでしょう。
 市街地は歩いて楽しく、自動車道路は走って楽しいような路としたいものです。
 それに自転車専用道路があれば省エネルギーも促進します。
 ガードレールは芸術的なものに替え、電線、電話線は地中埋設に替えていきましょう。
(3)持続可能型産業構造の構築
 産業革命以来の環境を顧みず、開発、発展のみを追及した開発型産業構造から、持続可能型産業構造(循環型産業構造)への歴史的な転換期にさしかかっています。
 意欲的、積極的に持続可能型産業構造を追求し、新たなる方向を世界に示すことが日本の歴史的な役割と考えます。
 日本は過去において、化石燃料に全く頼らずに豊かな文化を花開かせてきました。まさに持続可能型文化を実らせたのであります。このような文化を築いていく知恵は日本国民が潜在的に持ち合わせているものであり、今こそそのような知恵を蘇らせ、科学技術と融合させて省エネルギー、省資源にして持続可能且つ豊かさを齎す、産業構造を構築していきましょう。
(4)予防医学の推進
 近代医学の進歩は目覚しく、たとえば過去に不治とされてきた天然痘、結核、ハンセン病等も克服してきました。しかし一方においてエイズ、各種成人病、癌、新型ウイルスなど克服しえてない新たな病も広がってきております。これらの治療のための医療負担はますます膨大なものとなりつつあります。ひとつの病を克服すれば、別の病が出現し、いわばもぐらたたきの様です。これは近代医学が対症療法から始まっていることにひとつの根本原因があると思います。病の治療以前に重要なのは病にならないようにすることです。
 予防医学にこそ国家としての絶大な努力が傾注されるべきです。
(5)辞書の編纂
 現在は情報化社会と言われていますが、一方では種々の情報が氾濫し、何が本当なのか紛らわしいという状況も生まれてきております。また科学技術の進歩を目指そうとしているにも係らず、その情報の多くは専門家でなければ知りえないという実情です。
 国家が多くの専門家を動員して、科学技術、法律、歴史、国語等に関する詳細な情報をも含む辞書を編纂することを提案します。
(6)新教育制度の模索
 現在の日本の教育制度は明治維新において富国、強兵を目的にして欧米の教育システムを模倣して作られたものです。第二次大戦後に見直されたもののその基本は変わっていません。すなわち現在の教育制度は教育というものが何を目標としてなされるべきか、そのためにはどうあったら良いかという基本的は考慮や議論がなされないまま作られ、またそのまま継続されてきたものです。
 これからの教育は国家の統制を最小限とし、多くを地方自治体の創造性に委ねて、さまざまな試みを展開し、そのような試みの中から次第にふさわしい形を見出していくようにしたいものです。
教育というのは根本において次世代に善智識を伝えていくことを目的とするものでしょう。その意味で特に教育を専門の教師だけに任せるというのは根拠の乏しいことであり、社会人も教育の一端を担うという形にしたいものです。
(7)地産地消型食文化の追求
 食の自給率を高めようという政策が提言されていますが、最も良い形は最大限地産地消型の食文化を普及することである、と思います。それにより食の安全も保持されやすく、輸送などのためのエネルギーも節約できます。
 これからの日本にはエネルギーと農薬多消費の大農法は似つかわしくありません。
 こまめに作物の面倒を見る小規模、有機農業が広まり、地産地消型食文化と融合する形が望ましいです。

 以上のような課題を追求し、実現していくためには甚大な労力と叡智が求められます。
 それ不況だ、それ経済対策だ、と大騒ぎするのでなく、このような目的意識をしっかりと共有し、そこに向かって国民のみんなが力を合わせて一歩一歩着実に進んでいこうとすころから、日本の明るい、希望に満ちた将来が開けていくと信じます。
by masaaki.nagakura | 2011-10-29 12:12 | 想うこと
想うこと7 良き未来に向けて(18)新たな時代の価値観の形成
 現代における価値観の多様化と混沌があり、また各人の価値観の模索があり、そこから新たな時代の価値観が生まれてくるだろう、というような話をしました。
 ここで「新たな時代の価値観」というのは「新たな時代のあるべき姿、進むべき方向として社会の大多数に合意形成がなされた理想像」というような意味です。
 このような理想像の合意形成は、社会が大きな力で時代を変革していくためには不可欠な事です。
 かと言ってそれを早急になそうとすれば、近代の過去にあったように独裁者の出現や戦争を招く可能性があります。日本の近代の過去を振り返れば「富国強兵」という合意形成の中でやがて第2次大戦にまで進んでしまったのです。(私はこのような日本のたどった過去のプロセスにも意味があったと考えますが、同じような道を繰り返すのは愚だと思います。)
 新たな時代の価値観に関する合意形成は社会の成員が社会的な共通体験や相互の対話を重ねるなかで、次第に大きな意欲が社会の底の方から湧き上がってくるようになされて、永続的なものになり得ると思います。
 ここで社会的な共通体験と言っているのはたとえば、最近では東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故があります。このような災害や事故はそれ自身は悲しい出来事ですが、一方でこの社会の将来の在り方を考える上では大きな示唆を含むものと言えるでしょう。またバブル崩壊やリーマンショックのような経済現象も更に地球温暖化、オゾンホールの破壊などの環境問題も未来を考えるための重要な示唆を与える社会的な共通体験と言えるでしょう。
 相互の対話というのは「このような問題について相互に話し合い、未来を語りあう」ということであるし、また音楽、文学、舞踏等での感性の触れ合い、各種のイベントの中での触れ合いも含みます。 
 そのような共通体験や触れ合いの中で相互に納得しあえ、未来に対する大きな希望を与え、感性にもフィットする理想像が共通の夢としてこの社会の中に育っていくことを望みます。
 
  
by masaaki.nagakura | 2011-10-29 10:56 | 想うこと
想うこと7 良き未来に向けて(17)唯物論とニヒリズムと価値観
 産業中心主義、民主主義、中央集権国家は近代社会が向かって来た方向ですが、その背景には自然科学の発展があり、それに触発されかのように生まれた唯物論とそしてニヒリズムが連鎖するように横たわっています。
唯物論的な考え方はデモクリトスの原子論とか古代からあった考え方ですが、近代の唯物論は近代科学をその主張の根拠としする形で発展したもので、古代の唯物論より説得力のあるものとして現れています。
 ところで、自然科学的な考え方は本来自然現象がいかなるものであり、またいかなる法則により動かされているかを解明しようとするものです。 自然科学はそのような考え方の原則からして、人間の抱く価値観や目的意識の正当性を証明しえるものではないのです。 かと言って自然科学が価値観や目的意識を否定するものでもないわけです。 それを取り違えて自然科学的な考え方を全てに対して進めていこうとすると唯物論やニヒリズムに導かれることがあり得ます。 そしてそれがかって私が陥ったように人生に対する絶望感のような感覚に結びつくことがあり得ます。
 しかし、人間はどうしても絶望感のうちに留まることは出来ないようです。
 マルクスは唯物論より共産主義の思想にいたりました。
 ニーチェはニヒリズムより超人の思想に至ったのです。
 これらは彼等が見出した価値の世界です。
 おそらく誰しもが、価値を見出して生きていきたいと思うでしょう。
近代以前の社会はおそらく世界中の殆どの国や地域にそれぞれに支配的な宗教や道徳思想があり、それが人々の価値観の源泉となっていたように思います。 
 近代以降にそれらの支配性は次第に失われ、共通の価値観といえば、経済的な価値観だけといえる位でしょうが、その経済的な価値観も多くの人々が懐疑的なってきているようです。
価値観の多様化している、と言われるのもこのような背景があるからでしょう。
現在という時代に在って多くの人が自ら価値を探索しているように思います。 
それは新たな時代へ向けての模索の段階ではないかと思えます。
この価値観の混沌の中から、新たな時代が生まれてくるように思えます。



 
by masaaki.nagakura | 2011-10-18 12:51 | 想うこと
想うこと7 良き未来に向けて(16)ニヒリズムへの過程と脱却
 ニーチェのニヒリズムと私のニヒリズムについて記しました。
 このようにニヒリズムの付いて考えるのは、ニヒリズムというのは近代の社会の中に横たわる感覚であり、それがニーチェや私と言う個人の問題に留まらないものがあると、思うからです。ニヒリズムを突き詰めることで、近代社会の持つある一面をあぶりだすことが出来るような気がするからです。
 まず私がニヒリズムの陥れ、また脱却していったのは次のような過程を辿ったと考えています。
① 幼年期から少年期にかけて死、病気、恥等への恐怖心、不安が植えつけられ、心の中に根を張った。
② 科学的な考え方がそのような恐怖、不安から自らを遠ざけてくれた。
③ 科学的な考え方をいくら突き詰めても、宇宙、生命、人間、自分等の存在の目的、価値等を見出せずにニヒリズムに陥っていった。
④ 客観的に与えられる目的や価値が見出されないなら、それを自らのうちに見出すあるいは作り出せば良い、という考えに至り、ニヒリズム(消極的なニヒリズム)から脱却していった。

 このような過程は必ずしも一般化出来るものではないでしょうが、多くの人が私と同じような環境の中で育っているわけで、これがニヒリズムに陥るあるいは脱却するパターンの一つであるとは言えるでしょう。
 
 このようなニヒリズムを導く、社会的背景には次があると思います。
①近代において中世あるいは近世まで社会を支配していた宗教的、道徳的価値観が支配力を失った。
②民主主義、産業中心主義は近代への過渡期において多くの人々に価値あるものとして魅了するものであったが、それが実現していくなかで人々をひきつける輝きを失った。
③近代社会がその礎としている科学的な考え方はその中に価値の概念を含まない。(科学的な考え方は自然界の現象を正確に捉え、またその現象の生起する法則を見出し、また現象の展開する結果を予測することはするが、それによって何の価値の存在も証明しない)

 このような社会的背景の元では多くの人々の心の中にニヒリズムあるいは虚無的な考えが広がっても不思議はない、と考えられます。
by masaaki.nagakura | 2011-10-12 13:00 | 想うこと
想うこと7 良き未来に向けて(15)私のニヒリズム
 私は10代の後半から20代の終わり頃まで自称ニヒリズムというのに陥っていました。
 どうしてそうなったか、これは後からの記憶を辿っての話ですが、次のプロセスでニヒリズムに陥っていったと考えます。

 幼児期(小5まで:横浜~東京):幼い頃より恐怖心が強く、幼い頃は「死んで地獄に落ちる」ことが最大の恐怖でした。地獄に落ちた夢なども見ました。その思いを離れているときは元気で活発な子であったようです。
 
 少年期から思春期(小5~中3:沼津):科学を学んで「地獄はないだろう」と安心できたました。沼津という土地柄もあり山や海で遊び、模型作り、手品など屈託なく遊べた時期です。一方女の子への関心も芽生え、それもあってか、羞恥心が強くなりました。 ソフトボールやバレーボールでドジをするのが怖く、運動会のリレーに選手として出ると妙に緊張してしまったりという苦い思い出があります。

 思春期から青年期(中3~高3:蟹江):死への恐怖は引越しした家の近くにあった火葬場への恐怖やライ病への恐怖になりました。 またこれは死への恐怖とは別かもしれませんが精神病になるのではないか、という恐怖もありました。
 女性への憧れと共に好きな女性に口を聞けない、と言う自分に対するふがいなさもありました。
 そのような不安や恐怖や自分へのふがいなさのある一方で一方で科学への興味に自分をのめりこませていったのです。
 科学は自分にとって大きな救いになっていました。科学は世の中の軋轢から自分を開放してくれる存在でした。 受験校にあったストレスも和らげてくれました。世の中の価値基準を低いものとし、それに捉われない気持ちにもさせてくれたのです。宇宙やその歴史について考えるのが好きになりました。「多くの人が世の中の価値にとらわれ翻弄されているが、それがどうしたということだろう。やがて誰もが死を迎える。そしてやがてこの地球も滅びてしまう。何をあくせくし、何を恐れおののくことがあるだろうか。」とよく想うことがあり、それが自分を世の中の束縛から自由な隠遁者のような感覚に浸らせてくれたのです。

 青年期:(大学~社会人)科学を学ぼうと大学(早稲田大学応用物理科)に入学したのですが、真剣に理工系の学問に打ち込めず留年を繰り返していました。人間の行為の一切が虚しく自らの行為も虚しいという感覚が、絶えずあって,それが真剣に目前の課題に向かわせるのを妨げていたのです。
 この「一切は価値がなく虚しい」という感覚から抜け出したいという思いもあったのでしょう、哲学書や宗教書を読み漁り、一方でパチンコに自らを没頭させたりもしました。でもどれも解決にはなりません。
 自分の生活をまるっきり変えてみようということで「山谷に入り、山谷の人達を一緒に肉体労働の生活をしよう」と、思うに至りました。
 その意思を下宿のおばさん(江古田の小竹町の甲斐さん)に話たら、それが直ちに親元に伝わり、蟹江の実家に帰郷せよ、と言うことになりました。
 親父が言ったのは「お前は砂漠を旅して、暑さに参っている旅人のようなものだ、そこに満々と青い水をたたえた、湖が現れた、そこでその湖に飛び込もうとしている、しかしそれは青酸カリの入った湖なのだ」と言うことです。
 この言葉でやむなく学業に向かうことになりました。既に大学3年になっておりそれから卒業するまで4年間は新宿は百人町の下宿で殆ど昼夜の区別もなくなることもある位、机に向かっていた時期もあります。

「学是大慈悲業」というのが当時下宿の壁に貼ってあった言葉であり、そんなことで自らを振りたたせようとしていました。
 それでもその虚しさの感覚は付きまとっていました。
 その感覚から立ち直っていったのは早稲田大学を卒業し、名古屋大学の修士コースに入った頃からではではないかと思います。
 自分を虚無感から立ちなおさせた一つの考え方は次です。
「確かにこの世界には客観的に与えられる目的は存在しないかも知れない。それなら自ら目的を見つければ良いのでないか。また本当にこの世の一切が虚無であるならば、虚無だ、虚無だと思い続ける意味もない」

 あるいはこの考えでニーチェの言う消極的ニヒリズムから積極的ニヒリズムに転じたのかも知れません。






 



 
 
by masaaki.nagakura | 2011-10-07 08:13 | 想うこと