<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
想うこと4 経済とは何か(19)新時代の飢餓感とビジョン
飢餓感が近代経済の原動力であり、現在特に既開発国において飢餓感の喪失が見られ、それが現在景気減速の背景にある、という話をしました。
飢餓感の喪失というのは、ビジョンの喪失でもあります。ビジョンの喪失というのは進むべき方向を見失うことでもあります。
今、私達が本当には何を欲し、どこへ向かうべきかを掘り下げて考えるべき時に来ていると思います。
先に「幸多く、持続可能な社会の実現」という方向に向かって産業構造の変革がなされることが求められているということ。またそのような社会のキーワードは「省エネルギー、省資源、街路の景観美化、予防医学、芸術、水の浄化、健康、無害な食品、自然保護、メンタルヘルス、教育、リサイクル、クオリティ・オブ・ライフ、防災、平和維持、脱化石燃料、自然河川工法、ビオトープ、安らぎ、癒し、アメニティ、自然エネルギー」等であろうという話をしました。
これらに向けて本格的に経済が向かうには人々のなかにそれに対する明確な飢餓感が沸き起こり、そしてその達成に向けてのビジョンが形成されることが重要です。

しかし、今回の不況は多くの失業者を生み出し、また失業していない者も失業の可能性におびえ、企業も大中小に拘わらず、倒産の脅威にさらされている状況であり、そのような未来へのビジョンを深く考えていく余裕が失われているように思います。

今、もし最も望むものは何か、と問われたときに「安定した職と未来」と応える人は多いのではないでしょうか。
いくら高邁な理想が語られたとしても、明日の生活を心配しなければならない状況に陥れば、遠い未来の理想は単なる蜃気楼と同じものとしか感じられないでしょう。
であるとすれば、現在において先ず考えなければならないのは「いかに安定した経済状況をつくりだすか」という問題でしょう。そして実際現在の各国の政府が、また経済評論家が連日、争論しているのはその問題についてです。

しかし、私はこの目の前の「経済的安定」という課題は「幸多く、持続可能な社会の実現」という課題と同時に考えていくことによって初めて解決の可能性を見出せるものと考えます。
このことを説明するために、まず「経済の不安定性」というものが本当はどこから齎されているものかを一層突っ込んで考えてみたいと思います。
by masaaki.nagakura | 2009-02-17 08:48 | 想うこと
想うこと 4 経済とは何か(18)飢餓感が近代経済の原動力
経済を活性化させ、推進させているものの原動力は何か、と言うと何よりも「飢餓感」だと思います。
ここで飢餓感というのは食に対する飢餓感のみでなく、人間のうちに生じる一切の渇望を意味するものとします。
近代における経済の歴史は「飢餓感を満たそうとする活動の歴史」と観ることも出来ます。
その飢餓感というのは「食料、衣服、住居であり、石鹸であり、化粧品であり更にラジオ、カメラ、洗濯機であり、テレビジョンであり、自動車であり、旅行であり、医療であり」と様々な形で現れ、それを満たすべく、科学技術が後押しをしつつ近代の経済は発展してきました。この流れは産業革命の発祥したイギリスから始まり、ヨーロッパへ、米国へ、南北アメリカ大陸に、アジアに、アフリカへと広がり、今なお広がりつつあります。
現在の不況の根本原因に環境問題に対する危機意識の高まりがある、と言いましたが、もうひとつの背景は特に既開発国におけるこの飢餓感の喪失があると思います。
日本においては敗戦から近過去に到るまで、中心となる飢餓感が食衣住から家電、自動車へそれからパソコン、電卓などの通信機器等変容を遂げてきたものの、常に存在してきたのですが、現在はそれらの殆どが満たされ、「どうしてもこれが欲しい」と言えるようなものがなくなってきた、と言う状況があるように思われます。
「自動車や家電の売上が落ち、景気は更に下り坂である」と言うことが、驚きと不安をもって語られるようですが、現状での飢餓感の喪失状況を思うにこれも当然の成り行きでないかとも、思われるのです。
第2次大戦後から近年に到るまでの永い間、飢餓感が商品への需要を生み、その需要を満たすべく、産業が発展し、更に新たな製品が開発され、それが新たな飢餓感を喚起する、というサイクルが続いてきました。
またその飢餓感の喚起のための、広告、宣伝の手法が高度に発達して、そのサイクルの維持を補助してきました。
しかし、既開発国ではそのような形でのサイクルも限界に到達しつつある状況ではないかと思います。
近年ではパソコンとインターネットの普及が新たな飢餓感を生み出し、それが経済発展の新天地を築くという予測もされてきましたが、ITバブルの崩壊が起こり、その熱も冷めつつあります。
経済の活性化のためには新たな飢餓感が求められます。
by masaaki.nagakura | 2009-02-10 08:59 | 想うこと
想うこと4 経済とは何か(17)環境破壊との闘いが失業問題解決の道
大きな不況が大きな失業を生み、失業問題解決の手段として戦争が引き起こされる可能性があること、現在の不況も戦争に結びつく可能性があることを述べました。
これを回避するためにも、大胆な雇用政策を実施することが求められます。
私は現在における最大の雇用政策は「環境破壊との闘い」であると思います。別の言い方をすると「豊かな環境造りへの挑戦」です。
何故かと言うと、現在において人類を最も脅かしているものが[環境破壊」であるからです。
失業問題解決を「戦争」と言う欺瞞的な手段によらず、「環境破壊という真の敵」に対して人類が共同で立ち上がり闘いを挑んでいくことが、失業問題も解決し、同時に戦争を回避し、人類に永き平和を齎す道となります。
景気が冷え込むと、「こんなときに環境対策に廻す金などあるか」など、と言う話も出てきます。
これは経済価値=生活物資の豊かさと言う近代に普及した考え方が齎す発想だと思います。
環境破壊との闘いは社会全体の末永い幸福に結びつくものであり、真の経済価値があるものです。
社会全体の意識が「環境破壊に対する闘い」に向けて高まり、そのための支出を歓迎する方向に向かうことが望ましいと思います。
これは失業問題の解決のために戦争に向かうより、幾相倍も賢明な選択です。
by masaaki.nagakura | 2009-02-06 08:58 | 想うこと
想うこと4 経済とは何か(16)経済と戦争
悲しいことですが、これまでの歴史を見ると経済と戦争は相当深い関係があるようです。
第二次世界大戦はイタリアにおけるファシスト党、ドイツにおけるナチス、日本における軍部の台頭により引き起こされていったのですが、いずれもその背景には経済的困窮がありました。
第二次大戦の先立って世界恐慌があり、米国はニューディール政策等により乗り越えましたが、イタリア、ドイツ、日本はその影響を世界恐慌の始まった米国以上に大きな打撃を受けた状態でした。特にドイツは第一次大戦のときに負った負債が大きな重荷になっていました。
これらの経済的困窮が国民の多くに絶望感を抱かしめ、そこからの抜け道として戦争への道を走らせたとも考えられます。第二次大戦の要因としては経済的困窮だけでなく、当時の世界情勢、特に植民地を持つ国々に対する、植民地を持たないイタリア、ドイツ、日本などの不当感などが重なり、これらの国民に戦争を正当化させたのだと思います。
第二次大戦については次のようなプロセスをたどったように思います。
経済的な困窮⇒その困窮を他国の責任にする(不当感)⇒具体的な敵を見出す⇒戦争
現在の世界同時不況は1930年代の世界恐慌を思わせるものがあります。
現在オバマさんの採ろうとしている経済回復策は当時のアメリカの民主党のルーズベルトのニューディール政策を思い出させます。
今後アメリカの経済がどのように進展するか、また他の各国の経済がどうかは未知数ではありますが、再び戦争への道が開かれないように注意する必要はあると思います。

現在のところ、第二次大戦以前のような戦争へ向けての動きはないように見えます。
現在の第二次大戦の前との相違は国家間に「植民地を持つ国と持たざる国」というような明確な差別がなく、「あの国は不当である」といった不当感を抱かせるような大きな要因がないということです。
また国家間の貿易による相互依存関係が強くなり、戦争を引き起こすことにより、その相互依存関係が破壊されるという、経済的なデメリットが明らかであることが戦争を抑止する要因になっているでしょう。
もうひとつは国家間の人的交流や映画、マスコミの報道、インターネットによる情報のやりとり等により、国家を超えての相互理解が深まっていることも大きな戦争抑止の力でしょう。

しかし、気をつけなければならないのは更に不況が進行した場合の国民感情の変化です。
「現在国家相互間の大きな不当感はない」といいましたが、国境問題など小さな不当感は常に存在します。
多くの国民が経済的苦境に立たされた場合に、為政者がそのような不当感に火をつけ、戦争に引き込まれていくという可能性は否定できない、と思います。

経済的困窮において最も問題となるのは「失業者の増大」です。
そして国家はその国の法律がどうあろうと、国民に職を与えるという使命を負っています。それの出来ない国家は国家としての資格がないということになります。
また失業者の増大は国民の中に大きな不安を引き起こし、更に犯罪の増加に繋がります。
そのときに国家が[戦争」という誘惑に駆られる可能性があります。

戦争と言うのは最も手っ取り早く失業問題を解決する手段でも有り得る、と言うことに注意する必要があります。
非常に大きな失業人口を抱えてしまった場合にはそれに見合った大きな戦争を引き起こすことが、求められます。
大きな戦争を起こせば、兵員の徴収、兵器、船舶、自動車、通信機器、兵員のための物資の補給等そのためには一挙に莫大な労力が必要で、失業問題は一挙に解決されます。

そうは言っても国家が大きな戦争を引き起こすためには、その戦争を国民の大多数が理性面と心情面の双方で支持する状況が出てくる必要があります。理性面と言うのは「相手の国が不当であり、その戦争は正当である」と納得しえること、心情面と言うのは「この不当な状況から脱するために生命を賭しても闘わなければならない」とする昂揚感が高まることです。
日本のように忌むべき敗戦体験を持つ国においてはこのような状況を作り出すのは簡単ではないのですが、世界にはいろいろな国があり、どこかの国の政府が意図的に国民を戦争の方向に引っ張っていくことは有り得ることです。
否、日本においてもこのままの勢いで失業者が増大した場合には、戦争を求める過激な思想が発生し、それに世論が同調し、政府も止む無く、もしくはこれ幸いと戦争の方向に国民を引っ張っていくという事態が有り得ると考え、注意すべきと思います。

江戸時代やそれ以前には飢饉という問題がありました。
食べるものがないわけですから、その困難さは現在の不況と言う問題をはるかに超えるものだったと思います。
二宮尊徳は飢饉の年の一時期村の人たちを寺に集めて、食料を一日に一人どの程度と言うように決めて、婦人や子供はなるべく動かないようにさせ、体力のあるものに最小限必要な労働をさせて乗り切ったといわれます。
現在の不況というのは食べ物は全員にいきわたるだけあるわけで、失業が増えたといっても殆どの人は働ける状況にあります。問題は如何に仕事を配分したらよいのか、ということです。
このときあたり国家の最重要の責任は国民のそれぞれが現在と未来のために有益な仕事を出来るように配分することです。
戦争への道を避けるためにも、速やかに大胆な雇用の道を開くことが求められていると思います。
by masaaki.nagakura | 2009-02-02 13:03 | 想うこと