カテゴリ:我が家の動物達( 8 )
我が家の動物達 その8 籠の好きなトムとソラ
老猫のトムと若猫のソラ(丸い籠に入っている方)はどちらも籠に入るのが好きです。
この日はたまたま並んで入っていました。この2匹は以前は絶えず喧嘩をしてました。よくソラがトムに喧嘩をふっかけていたのですが、この頃はソラがトムに敬意を払っているようです。
d0026078_12413897.jpg

by masaaki.nagakura | 2007-09-18 12:42 | 我が家の動物達
我が家の動物達 その7 猫とチャボ
以前紹介した雄猫のソラはもうこんなに育ってます。
前から居たトムと毎日喧嘩してますが、ソラの方が優勢です。
d0026078_13132596.jpg

しかしこの間すごく大柄で凶暴そうな野良猫が我が家に侵入しました。
これにはソラも敵わないでしょう。
d0026078_13161860.jpg

チャボは現在9羽に増えてます。
d0026078_13175427.jpg

実は一時17羽まで増えたのですが、ひよこの内に何者かに連れさられて(多分食われて)しまいました。上の写真の野良猫を疑っているのですが、ソラもよく狙っているし、近くに鷹が舞い降りたこともあるので真犯人は分かりません。
あろうことか愛犬のグリゼルダが食べているのも見ました。彼女が襲ったのでなく、何者かにやられたのを彼女が食べたと思いたいですが。
それにしても厳しい動物達の世界です。
by masaaki.nagakura | 2006-01-10 13:26 | 我が家の動物達
我が家の動物達 その6 ソラのご挨拶
1ヶ月前に我が家の一員となったソラです。どうぞよろしく。
d0026078_22191265.jpg

もうグリゼルダとも仲良し。
d0026078_22395925.jpg

岩登りも出来ます。勿論木登りも。
d0026078_22411325.jpg

獲物も狙います。
d0026078_2245929.jpg

向こうにはもう大きくなったチャボの子たちと親鳥。まだまだソラには無理。
d0026078_12363011.jpg

もう疲れたよ。 お休みなさい。
d0026078_10233713.jpg

by masaaki.nagakura | 2005-07-29 22:26 | 我が家の動物達
我が家の動物達 その5 近況報告
 我が家の動物達の近況です。
 ひよこは親鳥に付き添われてますます元気に庭を散歩してます。
d0026078_1485043.jpg

 トムはゆうゆうと寝転んでます。
d0026078_13573573.jpg

 でもあの元気なノラがもういません。事故で死んでしまったのです。1歳にも満たないのにです。 本当に悲しいです。
d0026078_1491472.jpg

by masaaki.nagakura | 2005-06-12 13:54 | 我が家の動物達
我が家の動物達 その4 皆元気です
 散歩の途中グリゼルダがモグラを掘り出しました。
 モグラはひたすら死んだふり(気絶?)で見張ってたグリゼルダもいじるのをあきらめました。
d0026078_1774266.jpg

 ノラはこのごろほとんど外で遊んでます。
d0026078_1736175.jpg
 グリゼルダとノラは何気に共存してます。
d0026078_17164233.jpg

 ゴロゴロ寝ていたトムにノラが近づきます。
d0026078_17124075.jpg

 「何なんだよー!てめいは」とトム。
d0026078_17142990.jpg

 ひよこ達は母鳥にくっついて散歩です。
d0026078_1736594.jpg

 皆元気です。
by masaaki.nagakura | 2005-05-28 17:18 | 我が家の動物達
我が家の動物達 その3 ひよこが孵る
 チャボのひよこが孵りました。 孵った日は伴侶の予想より少し早く5月5日のようです。
 次は5月6日(生後一日目)の姿です。 ひよこは6羽です。
d0026078_7321981.jpg

d0026078_7324989.jpg

 玄関先から庭の小屋に移しました。
d0026078_7341017.jpg

 次は本日(5月9日生後4日)の姿です。1羽死んでしまいましたが、5羽が元気に育ってます。食欲は旺盛です。
d0026078_7365345.jpg

 ひよこに名前をつけました。次の写真ですと以下の名です。
 スターホワイト(一番手前):黒点があって羽毛が白い
 ビッグスターイエロー(スターホワイトの後):大きな黒点があって羽毛が黄色い
 イエロー(母鳥の下):黒点がなく羽毛が黄色い
 スモールスターイエロー(イエローの左):小さな黒点があって羽毛が黄色い
 ホワイト(一番左):黒点が無く羽毛が白い
 
d0026078_7401227.jpg

 父鳥の下からこちらを見てるのがイエローです。
d0026078_7472183.jpg

 こちらは手前からイエローとスターホワイトです。
d0026078_83344.jpg
 こちらは手前からスモールスターイエロー、ビッグスターイエローそしてホワイトです。
d0026078_7513772.jpg

 これから時々彼らの成長ぶりをご紹介します。
by masaaki.nagakura | 2005-05-09 07:54 | 我が家の動物達
我が家の動物達 その2 チャボのこと

 (我が家の動物達シリーズです)
 チャボが卵を我が家の玄関口で暖めてます。5月7日か8日がひよこの誕生日と伴侶の予想です。
d0026078_2112224.jpg

 ほとんど1日中卵を抱き続けてます。
d0026078_2114238.jpg

 時々卵からはなれてえさを探してますがそのときは雄鶏と一緒です。この雄鶏には今日子供達から「コメリ」と名がつきました。メンドリはまだメンドリという名です。
d0026078_21222757.jpg

 最近メンドリが何かにおびえて悲鳴をあげて卵から離れる事件が何回かありました。
 どうも猫の「ノラ」の仕業でないかと家人は疑ってます。というのも獣医から首にかけられたじょうごのようなものをはずしてから以前よりましてお転婆ぶりを発揮しているからです。
d0026078_2138447.jpg

 このままだと卵が孵るまで抱き続けられるか危ないので今日は卵を抱いてる場所に囲いをつくってやりました。この囲いはリチャード・フレイビンさんが和紙を作るためみ育てて皮を剥いた残りのコウゾの芯からつくってみました。ちなみにコウゾは皮を利用するのでこれは廃品の有効利用といえます。ご関心ある方のためのご参考用にこのブログの末尾にコウゾから囲いを作る手順を載せておきます。
d0026078_21495565.jpg


ご参考:コウゾの芯から囲いを作る手順
(筆者のオリジナルですが特許は取りませんのでご自由にご利用下さい)

 これが皮を剥いたコウゾの束です。
d0026078_2155296.jpg

 これは紐として使う藤づるです。
d0026078_21565691.jpg

 最初このように4本のコウゾに編みつけるようにコウゾを差し込みます。
d0026078_215846100.jpg

 ふちを藤づるで止めます。
d0026078_220741.jpg

 このようにして2組のパネル状のコウゾ組を作りました。
d0026078_2221145.jpg

 2組のコウゾ組を藤づるで結合して、出来上がりました。
d0026078_2241817.jpg

 なお、今回やっていくうちに気付いたことですが、藤づるは次の写真のように皮を剥いで使うと皮(写真右)も芯(同左)も使えて特に皮は柔軟性の必要な部分に使えるのでいいようです。
 
d0026078_228799.jpg

by masaaki.nagakura | 2005-05-02 21:36 | 我が家の動物達
我が家の動物達 その1 紹介
 これからエコデザイン株式会社の紹介に移ろうと思ってたのですが、あまり硬い話ばかりでは肩が凝りそうなので、我が家の動物達についての話を交えようかと思います。
 動物という意味では正確には人間や蚊やゴキブリ、ねずみのチュー吉まで入るのでしょうが、当面それらは含みません。
 わが家にはグリゼルダという名のメス犬、トムという名のオス猫、ノラという名のメス猫それからチャボのオンドリとメンドリがいます。
 先ずグリゼルダです。この名は童話の中の女の子の名です。
d0026078_21102040.jpg

 グリゼルダは3年ほど前、小川町で有機農業を営んでる岩崎さんの家に迷いこんだのをもらったのです。かわいがられて育ったのでしょう、人怖じしない得な性格ですが、雷と花火が大の苦手で、必死に家の中に入りたがり、そんなこんなで今は家の中で飼ってます。
 私の毎朝の散歩友達です。
d0026078_21304164.jpg

 夜は丸いベットに丸まって眠ります。
d0026078_21321025.jpg

 次はトムです。
d0026078_2138038.jpg

 トムは何年か前、子猫の時に捨てられ、やせ細って雨に濡れてたのを子供が拾って来たのですが今はりっぱなオス猫です。ここ何週間か家に戻ってこず、冒険の旅に出てたのか、あるいは次に登場するノラに追い出されていたのか? 傷だらけになっていたので多分冒険の旅だったのでしょう。
 次はノラです。
d0026078_2146335.jpg

 ノラは1ヶ月ほど前小川町飯田集落センター(私の住んでる地域の自治会館)の近くをさまよってたのを家人の誰かが連れてきて、飼い主が見つかるまで置いてやろうと、ポスターなどはって飼い主を見つけようとしたのですが、飼い主が現れずそのまま居ついてしまったのです。
 最初のイメージからノラクロと呼んでいたのがいつの間にかノラという名になってしまいました。 こんな格好をしているのは不妊手術をしたからです。つまり獣医さんが、縫い合わせた傷口をなめないようにということで、じょうごのようなものをはめてしまったからです。家人に「これは不自然でかわいそうだからいい加減でとってやれば」と言ったのですが「これがノラのためだし、もし不自然と言うなら不妊手術こそ不自然」と反論され、黙ってしまいました。でも水を飲むのにも苦労してるようだし、やはり少しやりすぎではないでしょうか?
 次はチャボの雄鶏と雌鶏です。彼らは1ヶ月ほど前、滑川村に住む水田作り仲間の松木さんから貰い受けたのです。 雌鶏は目下抱卵中です。
 これら我が家の動物達についてはまた折を見ながらお話をしたいと思います。

d0026078_22155216.jpgd0026078_22301195.jpg 。

  
(その2 チャボのことに続きます)
 
by masaaki.nagakura | 2005-04-25 21:20 | 我が家の動物達