我が家の動物達 その1 紹介
 これからエコデザイン株式会社の紹介に移ろうと思ってたのですが、あまり硬い話ばかりでは肩が凝りそうなので、我が家の動物達についての話を交えようかと思います。
 動物という意味では正確には人間や蚊やゴキブリ、ねずみのチュー吉まで入るのでしょうが、当面それらは含みません。
 わが家にはグリゼルダという名のメス犬、トムという名のオス猫、ノラという名のメス猫それからチャボのオンドリとメンドリがいます。
 先ずグリゼルダです。この名は童話の中の女の子の名です。
d0026078_21102040.jpg

 グリゼルダは3年ほど前、小川町で有機農業を営んでる岩崎さんの家に迷いこんだのをもらったのです。かわいがられて育ったのでしょう、人怖じしない得な性格ですが、雷と花火が大の苦手で、必死に家の中に入りたがり、そんなこんなで今は家の中で飼ってます。
 私の毎朝の散歩友達です。
d0026078_21304164.jpg

 夜は丸いベットに丸まって眠ります。
d0026078_21321025.jpg

 次はトムです。
d0026078_2138038.jpg

 トムは何年か前、子猫の時に捨てられ、やせ細って雨に濡れてたのを子供が拾って来たのですが今はりっぱなオス猫です。ここ何週間か家に戻ってこず、冒険の旅に出てたのか、あるいは次に登場するノラに追い出されていたのか? 傷だらけになっていたので多分冒険の旅だったのでしょう。
 次はノラです。
d0026078_2146335.jpg

 ノラは1ヶ月ほど前小川町飯田集落センター(私の住んでる地域の自治会館)の近くをさまよってたのを家人の誰かが連れてきて、飼い主が見つかるまで置いてやろうと、ポスターなどはって飼い主を見つけようとしたのですが、飼い主が現れずそのまま居ついてしまったのです。
 最初のイメージからノラクロと呼んでいたのがいつの間にかノラという名になってしまいました。 こんな格好をしているのは不妊手術をしたからです。つまり獣医さんが、縫い合わせた傷口をなめないようにということで、じょうごのようなものをはめてしまったからです。家人に「これは不自然でかわいそうだからいい加減でとってやれば」と言ったのですが「これがノラのためだし、もし不自然と言うなら不妊手術こそ不自然」と反論され、黙ってしまいました。でも水を飲むのにも苦労してるようだし、やはり少しやりすぎではないでしょうか?
 次はチャボの雄鶏と雌鶏です。彼らは1ヶ月ほど前、滑川村に住む水田作り仲間の松木さんから貰い受けたのです。 雌鶏は目下抱卵中です。
 これら我が家の動物達についてはまた折を見ながらお話をしたいと思います。

d0026078_22155216.jpgd0026078_22301195.jpg 。

  
(その2 チャボのことに続きます)
 
by masaaki.nagakura | 2005-04-25 21:20 | 我が家の動物達
<< エコデザイン㈱の紹介 その1 ... 自己紹介のつづき その7 >>